re:tkzm

"この前成人式帰りと思われる袴姿の集団が夜のアーケード街で羽目外して騒いでた。
人数はそれ程多くないんだけど店の前に吐いたり大声で話し合ったりしてて
本当に五月蠅かった。それで住居と店舗を兼ねてる人達が外に出ていって
注意したんだけど全然話を聞かない。おばさんとかが
「貴方達大人でしょ!」とか「成人として恥ずかしくないの」とか窘めても
へらへら笑ってるだけ。その内逆切れし出す奴も居て警察呼ぼうかって雰囲気になった。
その時今まで注意していたおばさんのお母さん(80から90歳ぐらいが)
「仕方ない、仕方ないよ。八年前は小学生だったんだよ?」と穏やかに笑って言った。
そのお婆さんのほのぼのとした様子に住人は何故か「そうだよね」と怒気を和らげ
成人連中は恥ずかしかったのかその儘アーケードから外れて行ってしまった。
自分は「大人になった癖に」とか
「歳ばかり食ってガキじゃねーか」とかばかり思っていたので
お婆ちゃんの発想に目から鱗が落ちた。"

-

No.4396 成人式は四度終えております - コピペ運動会

すばらしい!!!

(via gutarin)

(via blacktights, june29) (via gkojay) (via gkojax) (via 20121209)

"

――現在、バズワードの代表格と言えるのが、バイラルメディアですが、田端さんはどう評価していますか。

二重にダサいと思う。まず、ほとんどのバイラルメディアはどこかで見たような記事の劣化コピーである点。もうひとつは、経済合理性がないというか、儲からない点。メディアとしてダサくても儲かるのであればビジネスとしてはまだいいが、純粋に儲かっていない。

だから読者も欺いているし、お金を出させているという意味で出資者や投資家も欺いている。結局、誰が得しているのかわからない。そこに悲しみを感じる。

たとえば、GIGAZINE(ギガジン)には、彼らなりのスピリットを感じるが、その他大勢は、「アメリカではBuzzFeed(バズフィード)が流行っているらしいからやってみよう」というふうに他人の神話に乗っかっている。そこに二重のダサさを感じる。広告主サイドから見ても、今のバイラルメディアには期待できないはず。出口がないチキンレースをやっているというか、チキンレースにすらなっていない。

"

- NewsPicks (via katoyuu)

(via katoyuu)

"たけしがよく似た事言ってたな

健常者「おい、カタワ!」
カタワ「何だよ、ブサイク!(ハゲ!とか)」

こう言う会話が普通に行われてる状態が本当のバリアフリーだと
"

- 乙武洋匡「障害は負ではなく“特徴”に過ぎない。僕の障害ネタで笑えることが究極のバリアフリー」 | ニュース2ちゃんねる (via l9g)

(via n-kanezuka)

"名前が決まると不思議なもので、今までふわっとしてたコンセプトやイメージがどんどん具体的になっていきました。"

- 名前を付けること、生命を吹き込むこと - cakephperの日記(CakePHP, MongoDB)

(via tokifujp)

sisterofsteam:

sizvideos:

Video

I NEED A DESK LIKE THIS IN MY LIFE

(via ivyarchive)

"「真面目にやってるんだから認めてよ」と言っているうちは、真面目さが足りないのだから。"

- 404 Blog Not Found:真面目を真面目に考えてみた (via starchart)

(via gkojax)

"

Q:どういう女性に教養があるなぁと感じますか?

A:食わず嫌いしない人です。まずやってみよう、調べてみよう、聞いてみようという姿勢で何事も取り組むことが教養につながると思います。私には出来ないとか無理とか興味ないとか言わないことです。

Q:幼稚だなと思う女性の特徴を教えて下さい

A:許容範囲が狭い人は男女問わず幼稚だと思います。出来ない、無理、認めない、得意じゃないといった発言が多いとかですね。そこを何とかしないと人生の幅が広がりません。

"

- http://ask.fm/tomo_8095 (via perie)

(via gkojax)

ivyarchive:

Gunner Facts, Part 2 (Part 1)

"損ばかりする人に共通する特徴は、まず「自分を賢く見せたい」という気持ちが異常に強いこと"

- 「ツキ」の科学 運をコントロールする技術 / マックス・ギュンター (via k-quote)

(via babo-0319)

Happy 29th birthday, Laurent Koscielny!
September 10, 1985

(Source: alexissnchez, via ivyarchive)