re:tkzm

"

Q:どういう女性に教養があるなぁと感じますか?

A:食わず嫌いしない人です。まずやってみよう、調べてみよう、聞いてみようという姿勢で何事も取り組むことが教養につながると思います。私には出来ないとか無理とか興味ないとか言わないことです。

Q:幼稚だなと思う女性の特徴を教えて下さい

A:許容範囲が狭い人は男女問わず幼稚だと思います。出来ない、無理、認めない、得意じゃないといった発言が多いとかですね。そこを何とかしないと人生の幅が広がりません。

"

- http://ask.fm/tomo_8095 (via perie)

(via gkojax)

ivyarchive:

Gunner Facts, Part 2 (Part 1)

"損ばかりする人に共通する特徴は、まず「自分を賢く見せたい」という気持ちが異常に強いこと"

- 「ツキ」の科学 運をコントロールする技術 / マックス・ギュンター (via k-quote)

(via babo-0319)

Happy 29th birthday, Laurent Koscielny!
September 10, 1985

(Source: alexissnchez, via ivyarchive)

"

でも,英語で働くのに慣れてくると,周りの議論を聞いていれば,あー,なるほどデーブスペクターとボビーオロゴンとアグネスチャンとゾマホンが日本語でやり合ってるようなもんなのね.と思うようになります.

研究所で耳を傾けていると,フランス人とインド人とイタリア人が英語で会話してることがあり,むちゃくちゃな発音同士の議論が聞こえてきます.

「マジか,これ通じてんのか?!?」とよく思いますが,通じていないことはほとんどありません.

日本のテレビ風に考えれば確かにデーブとアグネスは日本語がうまく,ボビーとゾマホンは日本語が下手かもしれません.

しかしネイティブである僕らからすれば皆さん確かにちょっと変わった日本語を話します.でも,ただそれだけです.日本語のかわり具合を,ああ外国人なんだなって思うだけで,そこから意味の違いにまで発展しません.

"

- 地球人として生きるのに大切な5つのこと | BLOG HOMME (via otsune)

(via ippyiwa)

"

921 名前:774RR[sage] 投稿日:2009/05/14(木) 16:24:00 ID:1RWK2aJy
 
ある日、マタギのところへ動物愛護団体の人が名刺を出して
「なんで熊を殺すのですか」と抗議にきたそうな。
マタギの爺さん曰く「生きていく糧と伝統」と説明するも、
愛護団体側は「動物を殺すなんて(以下略)」と聞く耳を持たない。
それから連日抗議に来るので、煩わしく思ったマタギは知人に頼んで一芝居をうつことにした。
今日も今日とでマタギに難癖を付けにやってきた団体様。
そのタイミングを見計らい、近所の知人がやってきて「里に熊が出てきた様だ、心配だなー」と一言。
それを聞いて青ざめたのは団体の連中。
どうやらマタギをこらしめに来たはいいが、熊に襲われることは想定してなかったようだ。
恐怖を感じた団体の連中は、マタギの爺さんに「私が熊に会っても・・・安全に帰れますでしょうか?」
と振るえながら尋ねる始末。
そんな情け無い連中に、マタギの爺さんはこう返してやった。

「熊に遭ったら、あんたの名刺を見せればいいじゃないか。動物愛護団体だとわかれば熊も襲ってこないだろう?
襲われてもそれはそれで、愛すべき動物の糧になれるんだから名誉なことじゃないか。
それとも、まさかあんたら俺を警護につけて、
『私達の安全のために、熊が襲ってきたら撃ち殺してください』
なんて言うつもりじゃねぇよな?」

"

- 親子グマ射殺に抗議相次ぐ 困惑する福島県西会津町 - 47NEWS(よんななニュース)
http://www.47news.jp/CN/201010/CN2010102801000582.html (via kingcurtis)

(via gkojax)

ivannrakitic:

Champions League 14/15 group stage draw:

Group A: Atletico, Juve, Olympiakos, Malmo
Group B: Real Madrid, Basel, Liverpool, Ludogorets
Group C: Benfica, Zenit, Leverkusen, Monaco
Group D: Arsenal, Dortmund, Galatasaray, Anderlecht
Group E: Bayern Munich, Man City, CSKA, Roma
Group F: Barcelona, PSG, Ajax, APOEL
Group G: Chelsea, Schalke, Sporting Lisbon, Maribor. 
Group H: Porto, Shakhtar, Athletic Bilbao, BATE.

(via ivyarchive)

feralworks:

creaturesfromdreams:

Original Kaiju Models for Pacific Rim by David Meng

Pacific Rim on Amazon.com

—-x—-

More: | Sculptures | Random |

Reblogging because I never get tired of seeing these designs

(via alanmorlock)

"

日本人が優しいのは遺伝子に原因があったのではないか


だから、多くの国で、自分の友人や親族の誰かが殺された経験を持っている。

女性も、殴られたり、レイプされたりする率は非常に高い。その殺され方も日本人が見ると、想像できないほどの残虐性である。だから、多くの外国人女性が日本にやってきて、日本の治安の良さに驚嘆する。

「いったい、日本はなぜこんなに治安が良いのか?」

日本がこれほどまで治安が良いのは、いろいろな説があるが、端的に言えば、日本人が穏やかで優しい民族だからである。

では、なぜ日本人は穏やかで優しいのか。

日本人は文化や風習や自制心によって、その優しさを磨いてきたという説もあった。

最近になって、日本人が優しいのは遺伝子に原因があったのではないかという説が有力視されつつある。

1996年11月、オーストリアのザルツブルク大学の科学者が、「セロトニントランスポーター遺伝子」というものを発見した。

これは、セロトニンの伝達に関連する情報が書き込まれた遺伝子なのだが、この遺伝子は、恐怖を強く感じるか、それほど感じないかを司る遺伝子だったのだ。

この遺伝子の組み合わせによって、人は恐怖を強く感じたり、それほど感じなかったりするのである。これが、人種によって違っているのが明らかになった。

image
世界では何かあると暴動や暴力や破壊が発生する。日本でも暴動が起きてもおかしくない案件が山ほどあるが、ほとんどの日本人は我慢する。

日本人は圧倒的なまでにSS型で占められている


「セロトニントランスポーター遺伝子」のタイプは3つあったのだが、この3つのタイプで恐怖を感じる度合いが違ってくるのである。

3つのタイプとは以下のものである。

LL型 恐怖に鈍感
SL型 恐怖に中立
SS型 恐怖に敏感

人種によって、どのタイプが多いのか分布がまったく違っていることが分かっている。恐怖に敏感なSS型が、その人種でどれくらいの割合で存在しているのかを調べたデータがあるようだが、それによると、以下のようになっていたという。

南アフリカ人 32%
ドイツ人 64%
インド人 67%
日本人 97%

日本人は圧倒的なまでにSS型で占められている。ほとんど全員がSS型と言ってもいいほどだ。

恐怖に敏感であるということは、悪いことのように見えるが、実は厳しい環境の中で生き残るためには欠かせない重要な要素である。

恐怖があるから、慎重になり、それゆえに生き残りやすい。また、環境の変化に敏感で、トラブルが起きる前に回避してしまう行動を起こすから、結果的に社会は安定したものになる。

つまり、優しい社会になる。

このSS型が世界で最も多いのが日本人であるとすると、日本人は、遺伝子レベルで優しさが組み込まれていたということになる。日本人の優しさは、先天的なものであり、天性のものだったのである。

image
2011年3月11日の東日本大震災という未曾有の震災に見舞われても、略奪も暴動も起きず、日本人同士で助け合った。震災よりも、日本人の態度に世界は驚いた。

集団で相手と対抗するというのは、重要な知恵だった


「セロトニントランスポーター遺伝子」のSS型が多いというのは、個体としては弱いということを意味する。

恐怖を感じやすいというのは、すなわち激しい主張、激しい暴力、激しい対立、激しい交渉は苦手だということだ。それは日本人の社会を見ても納得できるものがある。

諸外国の厚かましさは、日本人から見れば想像すらできない「野蛮な世界の住民」にしか見えない。

インド人はSS型が67%だから、優しい人も意外に多いように見えるが、日本人から見ると、そのインド人ですらも野蛮人か原始人のように見える人が多い。

それほど、日本人は優しい。

だから、この弱さを克服するために、いろいろな方法が日本では考え出された。集団を作り、常に集団で相手と対抗するというのは、その中でも最も重要な知恵だった。

個人と個人なら、どうしても勝てない。しかし、個人と集団であれば、集団の数が大きければ大きいほど勝てる。

日本人が集団で生きるのが当然のように考えるのは、逆に言えば集団でなければ勝てないことを自覚しているからだ。

この集団は、互いに気配りするために非常にまとまりが強い。長期に渡って、ひとつの目標に向かって進むことができる。だから、集団になった日本人は異常に強い。

集団になった日本人の強さは時に伝説を生み出すのは、日本人ひとりひとりが弱さを克服するための集団であることを意識しているからだ。

逆に言えば、集団から外れて、ただの個人となった日本人は、とても弱い可能性が高い。

日本に自営業の人が外国に比べて少ないのも、個人であることの弱さを認識しているからであると言える。

そんな世の中で、もし日本人のあなたが一匹狼として生きるのであれば、個体としての弱さを克服するために、何らかの知恵が必要になるということだ。

そうしないと、一方的にやられてしまう可能性がある。"

-

日本人が優しく、個人が弱いのは、遺伝子に原因があった? (via sqiz)

(via book-cat)

(via gkojax)

tastefullyoffensive:

Office Safari by Mike & Ben

Previously: Mind-Boggling Shower Thoughts

(via ivyarchive)

"

2ヶ月ほど前に受け取った質問はGoogleに関するものでした。「世界のデジタル情報がすべてパンチカードに記録されていたなら、Googleの倉庫はどれくらいの大きさになるか?」Googleはその運営の中身についてはすごく秘密主義で、Googleが実際どれだけのデータを持っているのか、データセンターがいくつあるのか誰も知りません。Googleで働いている人を別にすると。私は彼らに会って聞き出そうと試みたこともありますが、何も明かしてくれません。それで自分で解くことにしました。私が目を向けたものがいくつかありますが、まずお金から始めました。上場企業はどれだけ支出したか明かさなければならないので、それがデータセンターをどれだけ作れるか上限を定めることになります。大きなデータセンターにはお金がかかるからです。

世界のハードディスク売上げに占める割合から上限を定めることもできます。実はこれがかなり大きなものになります。どこかで読んだんですが、Googleでは1、2分に1度ディスク障害が起き、そうするとそのディスクは捨て新しいのと入れ替えるそうで、大量のハードディスクを消費することになります。だからお金に目を向けることでどれほどのデータセンターを持っているか見当を付けられます。

電力もヒントを与えてくれます。Googleはどれだけの電力を必要としているか?サーバーを動かすには電気が必要だからです。Googleがよそよりも効率的にやっているにしても、基本的に必要になる量というのがあり、それがGoogleの持つサーバーの数を限定することになります。

データセンターの面積に目を向けることもできます。データセンターは一般にどれくらいの広さがあって、どれだけのサーバーラックがその中に収まるのか?あるデータセンターについては2つの情報が同時に手に入ります。どれだけ出費しているかに加え、たとえば電力を得るために自治体との契約が必要なことから取引内容がわかって、電力所要もわかるかるかもしれません。

それらの数字の比率を見ることで、そういうデータのないデータセンターについても見当をつけられます。一方の広さだけ分かるという時、電力と面積が比例するなら、電力消費量も分かります。同様のことを他の多くの量についても行えます。ディスク容量の合計、サーバーの台数、サーバー当たりのディスクの数。知っていることを元にモデルを作って、分からない数字の範囲を絞り込むことができます。知ろうとしている数字の周りを取り巻く感じです。これは楽しいです。使う数学はそんなに高度なものではありません。数独を解くのとそう変わりません。

私がやったのは、こういった情報を1日か2日かけて調べ上げるということでした。検討しなかったものもあります。Googleが出す採用広告に目を向けることもできたでしょう。それで人がどこで働いているのか分かります。データセンターを訪れた人が携帯で写真を撮って投稿することがあります。すべきことではないかもしれませんが、そこからハードウェアについて知ることができます。宅配ピザの運転手に目を向けるといいかしれません。彼らはデータセンターがどこにあるか知っているでしょう。少なくとも有人のところは。

何にせよ私は数字をはじき出し、それについては結構自信がありましたが、Google全体で使われているデータは約10エクサバイトで、それとは別にたぶん5エクサバイトくらいのデータがテープとして保存されているでしょう。Googleは世界最大のテープストレージ消費者なんです。数字の見積もりが出ましたが、ものすごい量のデータです。我々の知る限り世界の他のどの組織よりもずっと多くのデータを持っています。他にも多量のデータを持つところはあり、みんなが考えるのはNSAのことでしょう。しかし同様の方法で見積もってみると、データセンターから見当が付きますが、中で何が行われているのかは分からないにせよ、NSAの運用するデータがGoogleほどの規模でないことは明らかです。

これらすべてをまとめて最初の質問に答えることができます。どれだけのパンチカードが必要か?パンチカード1枚には80字記録できます。1箱に2千枚くらい入るとして、それをたとえば私の住むニューイングランド地方に運んだとしたら、地域全体を覆いつくし、その厚さは5キロ近くになります。2万年前の最後の氷河期にこの場所を覆っていた氷河の3倍の厚みです。あまり現実的な話ではありませんが、これが私に出せた最高の答えだったと思います。それでウェブサイトにその答えと説明を書きました。Googleから返事があるとは思っていませんでした。彼らは秘密主義で、私の質問に答えてくれなかったので。私はただこの答えを挙げて、正しいかなんて誰にも分からないと書き添えました。

ところがそれから2週間くらいしてメッセージを受け取りました。こちらの人間から君に渡したい封筒があると。それで私は受け取りに行って開けてみると、中身はパンチカードでした。(笑) Googleのロゴの入ったパンチカードです。そのパンチカードにはたくさんの穴が開いていました。私はありがとうと礼を言って、何が書かれているんだろうと思いました。ソフトを使って読み込んでみると、カードの中身はパズルでした。たくさんの暗号です。友達の助けを借りて暗号解読をすると、その中にさらに別の暗号があり、ある方程式があって、方程式を解くと、最後にGoogleからのメッセージが現れました。私の記事に対する公式の回答です。それは「ノーコメント」でした。(笑)(拍手)

"

- もしも〜なら? と問うコミック (via danbora)

(via blackdesignjp)